SANDA-PORK - 三田ポーク -

「三田ポーク」にかける想い

ひとつでも多くの家庭で、ひとりでも多くの人に、
安全でおいしい豚肉を食べてほしい。これが私たちの願いです。
そのために、エサから飼育、そして食卓まで「三田ポーク」にかかわる
すべてのことを自分たちの手で取り組みます。
このエサは豚にとってどんな影響を及ぼすのか。 
おいしさを追求するあまり、健康をそこなないか。
ひとつひとつ検証していくことを日々続けていくことで
「三田ポーク」は日々成長していきます。
豚肉なんてどれも同じ!と思っている方、
おいしいものは高くて手が届かないと思っている方など、
三田ポークを是非ご賞味ください。
あなたの期待をいい意味で裏切ります。
丸永は「三田ポーク」で革命を起こします。

三田ポークおいしさの秘密

三田ポーク 安心・安全美味へのこだわり

三位一体で育む極上の豚肉

本当においしい豚肉がなぜ出来るのか、知っていますか?豚肉の大切な要素は「環境」「飼料」「品種」の3つ。どれか1つが欠けても、美味しい豚肉にはなりません。

ストレスの少ないのびのびした「環境」
こだわり抜いた「飼料」
そして、改良を重ねた高品質な「品種」

三田ポークは3つの要素を極めた、極上と呼ぶに相応しい豚肉なのです。

エサへのこだわり-イメージ

丸永の腕の見せ所です

とくに飼料は肉質や美味しさの決め手となる重要な要素。だからこそ、飼育方法や給餌方法、農場環境などを考慮し、綿密な飼料設計を立てる必要があります。

三田ポークの「飼料」こそ、飼料販売も農場も手がける私たちの腕の見せ所です。これまでに蓄積されたノウハウやデータを元に、トウモロコシやパン粉の配合を多くした当社指定配合のオーダーメード飼料を使用。さらに、粉状のエサを液状にして給餌する方法「リキッドフィーディングシステム」を採用しています。
まだ、日本ではなじみがない方法ですが、コンピュータ管理で細かく給餌を管理できたり、粉のエサ特有の粉塵が出ないので呼吸器疾患が少なくなるなど、メリットはたくさんあります。

三田ポークの特徴である柔らかく、ほのかに甘い肉質は、丸永のこだわりを結集した飼料から作られるのです。

運動量が豊富_イメージ

甲子園13個分の農場でのびのび

生後間もない子豚は約70日間、島根県江津市の日本海を臨む自然豊かな環境で過ごします。その後、標高500mの兵庫県三田市に移り、甲子園13個分という広大な敷地を誇る三田牧場で約四カ月、快適な生活を送ります。どちらの農場も別の養豚場がないため、防疫面でも安心です。

三田農場の豚舎は新鮮な空気を十分に取り入れられるよう工夫されており、通常より、1頭あたりの空間を広く取ってあるのが特徴です。豚は広々した気持ちの良い豚舎で走り回ったり、穴を掘ったりしながら、のびのびと快適な生活を送ります。

また、豚舎には床にオガくずを敷き詰めた「醗酵床式豚舎」を導入。糞尿はオガくずに吸収され、微生物によって分解・醗酵されるため、汚水を一切出さない、豚にも環境にも優しい豚舎なのです。

品種のこだわり

おいしい豚肉の代名詞「ハイポー」

三田ポークの品種は、種を固定したハイブリッド豚の一種「ハイポー」です。

長年、研究されて誕生した「ハイポー」は、世界各国の優秀な20数品種のいいトコ取りをした、高品質な豚。独自の育種改良方針で種を固定したもので、4系統の品種を元に、4世代かけて計画的に交配させ、人間が求める理想の豚に仕上げています。

¨おいしい豚肉¨の代名詞ともいえるハイポーは、保湿性が高く、柔らかできめ細やかな肉質が特徴で、品質にばらつきがなく、高い均一性を保っています。

そして愛情が最も大切です

我が子のように育てる

豚を育てる上でもっとも重要なのが、手間暇を惜しまず世話をすることです。

当たり前のことですが豚は嘘をつきません。愛情を込めた分だけ元気に成長してくれます。それは生産管理をしていくと数字に一目瞭然に現れてきます。

私たちは生き物を扱い、生業としています。日々たゆまぬ努力と謙虚な気持ちを持ち、皆様に安心して食べていただける三田ポークを育て上げてまいります。

SPIRIT

  • PAGE TOP

    丸永株式会社

    LIVESTOCK STYLE 畜産を、みんなが憧れる業界に。

    What's NEW