MENU
STORY 01

飼料の提案はもちろん、
農場経営のアドバイスまでが仕事です。

飼料事業部 営業課
平岡 達也TATSUYA HIRAOKA

丸永に入社して、実際に可能性のある業界だと思いました。

飼料に関して昔は、とにかく多く食べさせるという発想でした。今でも大量に食べさせるイコールいい牛が育つというイメージをお持ちの方もおられます。

しかし、畜産業において飼料の提供はとても重要な仕事です。それは経験とデータに裏打ちされたデリケートな仕事です。
例えば、私たちは、トウモロコシや牧草、そしてビタミンなどの配合に注意しながら飼料の検討をします。ある意味、私たちは牛の管理栄養士のような立場かもしれません。

その他にも農場経営のアドバイスも行います。私に関していえば、今ではある程度、より良い経営の方法なども自信を持ってお伝えすることができます。しかし入社当初は農家さんにご迷惑をおかけしました。

それは研修も終わり、自力で営業活動をし始めた頃のことです。ある生産農場にご挨拶に行ったのですが、何度行っても対応していただけず、2ヶ月がたったある日、ついに「君から買うわ」と言っていただいたときの感激は今も記憶に残っています。

丸永に入社して、実際に可能性のある業界だと思いました。課題はたくさんありますが、それはやる気にもつながります。
職場は働きやすく、同期にも恵まれました。中でも一人親友と呼べる同期との出会いがいい刺激になっています。彼は今、九州営業所で営業しています。遠く離れていても、いい意味でのライバルです。この切磋琢磨の関係を仕事にも、生き方にも繋げたいと思っています。

STORY 02

自然が好きで、動物好きなら、
最高の労働環境です。

マルナガファーム敬川本場 養豚
志水 千生YUKIMI SHIMIZU

人見知りする豚や好奇心旺盛な豚など、子豚にもそれぞれ性格があるのがわかってきてとても面白いです。

敬川本場には、子豚の処置をする分娩舎と種付けをする交配舎、そして少し大きくなった子豚が生活する子豚舎、お母さん豚を育成する育成豚舎があります。

私は、生まれたての子豚を扱う分娩舎で仕事をしています。母豚は一度の分娩で12から15頭産みますが、へその緒がまだついている状態の生まれたての赤ちゃん豚の処置をしてあげます。舎をできるだけ清潔に保ち、子豚の健康状態を把握するのも重要な仕事です。
毎日接していると、人見知りする豚や好奇心旺盛な豚など、子豚にもそれぞれ性格があるのがわかってきてとても面白いです。

赤ちゃん豚は、生まれてすぐに母豚の母乳を飲みながら7キロから8キロ程度に成長します。そこまでが私の今の業務です。そこからは子豚たちは母豚と別れて同時期に生まれた他の子豚とともに子豚舎で40日間を過ごすことになります。

私の現在の生活は、自分の子供を預けにいって8時前に農場に入ります。そして今度は生まれたばかりの豚の赤ちゃんの世話をしたり、子豚の飼育をしたり大忙しです。そして5時には仕事を終わり、また息子を迎えに行きます。

毎日仕事と育児に追われながらも、自分らしくいられるこの環境での暮らし、何より動物が好きなので動物に触れられる仕事ができることにとても満足しています。

ここは海や山が近くにあり豊かな自然に恵まれてるのでホッとします。週休二日なので、休みの日には家族でのんびり釣りを楽しんだり自然を満喫しています。

STORY 03

チャレンジして
現状を進化させることの喜び。

丸永エッグランド 養鶏・採卵
岩村 亮RYO IWAMURA

微妙な変化にも気を配り、舎内を最良の状態に保つためにコントロールしています。

この丸永エッグランドには、鶏の雛を育てる4棟の育成舎と成長した鶏を収容して産卵させるための16棟の成鶏舎があります。

育成舎には雛が12万羽がいますが、この雛たちにストレスがないように、雛たち自身が気持ち良いと感じてもらえるような環境を整え、成長を促すのが仕事の一つです。

そのための消毒や除糞は欠かせません。また雛の健康を守るために、ワクチンの接種も重要な業務です。

成鶏舎には48万羽の鶏が、毎日40万個以上の卵を産み落とすわけですが、トラブルがないように全体を管理します。鶏はとてもデリケートな生き物なので、何か変化があると途端に卵を産まなくなります。

したがって微妙な変化にも気を配り、舍内を最良の状態を保つためにコントロールしています。特に、温度、湿度、換気、エサや水の状態には気を使います。

なぜ美味しい卵がこんなに安く手に入るのか、あまり意識されることはないかもしれませんが、月並みですが努力とチャレンジがそこにはあります。

とても意義深い仕事と感じていますし、そこに自分たちは誇りと自負を持っています。また生きものの命を預かる仕事であることもその自負を支えています。

今は農場のことがもっと広く知りたいとそれだけを考えています。やることがまだまだいっぱいあり過ぎて、自分の能力をフル回転させることに日々追われています。その中で、試行錯誤しながらアイデアをだし、現状を少しでも進化させ、結果が出ることの面白さを感じています。

STORY 04

お客様のご要望に、すぐに対応
するように心がけています。

西宮MEAT STUDIO
鍜治本 大地DAICHI KAJIMOTO

三田ポークは、ジューシーで甘みがあり、とても美味しいと評判です。

豚は、農場から屠殺場に運ばれて肉となり、競りにかけられます。そして脱骨という作業を経て、西宮MEAT STUDIOに届きます。この肉をモモやロースなどにスライサーを使ってトリミングすることが私の仕事です。

西宮MEAT STUDIOに運ばれる肉は、三田ポークという丸永のブランド豚です。その味は、ジューシーで甘みがあり、とても美味しいと評判です。

その三田ポークをお客様にお届けするために、カットした肉を最終的にパッケージし、配送するまでが西宮MEAT STUDIOの仕事です。店頭に並ぶPOPなどもこちらで用意します。ここでは、その他にもハム・ソーセージの加工もしています。

肉をカットする作業は遅くとも、16時までには終了し、スライサーなどの機械の部品点検や刃の部分の研磨などをします。この職場が気に入っているのは、そうした機械類の扱いが好きだったこともあります。

お届け先は三田や猪名川のお馴染みのスーパーや飲食店関係などです。購入されるお客様の様々な声は必ず自分達にフィードバックされます。例えば、厚切のトンカツの評判はどうか、ブロックの売れ行きはどうかなどの情報は自分たちに届きます。

大切なことは、お客様のそうしたご要望に対して、すぐに対応することだと思います。そうした即時対応の役割を担うことが使命だと考えています。

PAGE TOPPAGE
TOP